瑞雲 特製切付包丁

瑞雲 特製切付包丁

100周年記念モデルとなる「瑞雲」は創業者の初代社長河村松次郎が刀匠「兼次」の末裔であること、日頃から、関伝日本刀の特長である「折れず・曲がらず・良く切れる」製品づくりを目指して製品開発をしてきた集大成として日本の伝統的スタイルであり、日本刀をイメージできる切味にこだわった切付型の包丁として開発。

特製切付包丁:幅広い用途で利用
特製切付型包丁「瑞雲」は薄刃包丁と柳刃包丁のハイブリッドの切付包丁を従来からある片刃ではなく両刃に仕上げることで、刃が切るものに対してまっすぐ入り肉、野菜、刺身と食材を選ばず幅広くご使用いただけます。また、切先を剣型にすることで飾り切りなど包丁の先端を使う料理にも適しています。

ブレード材質:最高級刃物鋼SPG2の「ダマスカス鋼」
美しい模様の刃には国内外で人気が高く、入手が困難な最高級刃物鋼のSPG2(スーパーゴールド2)を芯材とした63層からなるダマスカス鋼を使用しています。芯材のSPG2(別名:粉末ステンレス・ハイス)は刃物の4大条件である「高硬度、高靭性、耐摩耗性、耐食性」のすべてにおいて優れています。

切れ味:日本刀の形状であるハマグリ刃
すぐれた刃物鋼を日本刀の形状であるハマグリ刃に仕上げています。そのため抜群の切れ味と、その持続性を保証します。また、研ぎ直しも容易にできます。

熱処理:サブゼロ処理
サブゼロ処理という、焼き入れ後に-70℃以下に冷却する特殊な処理を施す事で、高い硬度と靭性を与え、「折れず・曲がらず・良く切れる」を実現しました。

ハンドル材質:握りやすさと和の雰囲気を感じるデザイン
ハンドル材には7角の積層強化木を使用し、握りやすさと和の雰囲気を感じるデザインを追求。握ったときにも目に入る位置に装飾を施し、高級感あるスタイリッシュなデザインに仕上げています。

シーン:贈り物として最適
高級感ある桐の箱に入っており、オプションでさやをつけることも可能。「瑞雲」とは仏教でめでたい事の兆しとして現れる雲の意味で創業100周年モデルの包丁としてふさわしい名前となっており、贈り物としても最適です。

瑞雲 特製切付包丁 ラインナップ

ブレード ダマスカス鋼(芯材:SPG2「粉末ステンレス・ハイス」)
ハンドル 積層強化木

三徳(両刃)
標準価格 27,000円(税抜)[ 9303]

牛刀 210mm(両刃)
標準価格 29,000円(税抜)[ 9305 ]

筋引 240mm(両刃)
標準価格 31,000円(税抜)[ 9309 ]

©  関兼次刃物株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP